profile

「素直になれる場所がここにある」

いつどんな時でも人と繋がれる時代。
気軽に言葉を交わせるはずの時代。
目まぐるしく変化をしながら流れていくこの世界の中で
本当に伝えたいことは伝えられていますか?
混沌とする今を生きる『素直になれない人』を
時に優しく包み込み
時に励まし背中を押してくれる
エモーショナルポップの女神があなたの心を開く。

柘植 向日子 (ツゲ キョウコ)
1987年5月29日生まれ、愛知県岡崎市出身 3歳~12歳までクラシックピアノを習う。  
小学生の頃にローリン・ヒルをCMで観て、彼女の虜になり、以降様々な洋楽を聴くようになり、16歳より作詞作曲を始める。
次第に自身も人の心を動かせる格好いいアーティストになりたいと思い、高校卒業後、名古屋の音楽系専門学校に進学。
バンドアンサンブルや作曲理論、ゴスペルや洋楽を勉強し、卒業後より本格的にシンガーソングライターとしての活動を開始。
2011年6月、自分の感覚を形成してくれたもの達のルーツを改めて学ぶために単身ロンドンに渡る。
語学学校で英語を学びながら現地のパブやライブハウス、チャリティーイベントにてライブを行い、限定100枚の自主制作CDが完売する。
帰国後、カフェライブを精力的に行い、2016年2月5日に1st mini album 『五感』をリリース。同日にレコ発ライブ『 The first Journey』を開催し、大成功に終わる。
2017年12月23日、佐藤竹善、元SKE48の佐藤実絵子などが出演するサカエチカクリスマスコンサートにソロ名義で出演し、名古屋栄のクリスマスイベントを盛大に盛り上げる。
2018年4月11日、2nd single『薄紅を抱きしめて』を配信限定でリリース。多くのリスナーや音楽関係者の耳と心を掴む。

2020年5月20日、3rd single 『Dear Lady』を配信限定リリース。
今を生きる多くの女性の支持を得る。

2022年現在、生音やライブの力の素晴らしさを伝えるべく、生ピアノ弾き語りライブを中心に精力的に活動中。

「人の心に寄り添い、そっと支えたい」

そんな想いと共に唄って弾いております。